MENU

① 地域の中で、最も優れた平屋住宅を提案できる住宅会社は!?

 

土浦市で平屋住宅を検討するなら、地域の住宅会社の中から、最も信頼できて、相性の良い住宅会社を選ぶことが、最良の選択です。

しかし、住宅を建てる際には検討時間が、必ず必要です。もし少しでも、住宅を慎重に選びたいと思うなら、ひとつの住宅会社だけに、提案を頼むと、他の選択肢を見逃してしまう原因になります。


あとになって、後悔しないためにも、わからない部分は、必ず事前に確認をすることは、重要です。理想の家づくりの計画のイメージを、固めるまでには、気になっているポイントを一つ一つ確認して、最終的にお願いしたいと思える優れた住宅会社・工務店に出会うという道のりをたどるものです。

 

② お住まいの地域の中で、最良のご提案アドバイス可能です!!比較しないと損しているケースも!

タウンライフは、各市区町村単位で、平屋住宅の提案をできる住宅会社を比較して、提案をしてくれるのですぐに比較できるサービスです。

複数の住宅を比較できる立場だからこそ、第三者的な立場から、コスト比較や、提案内容が希望にかなっているかを、慎重に比較することができるのです。

多くのケースで、数社目の住宅会社の営業マンにつかまって、積極的な提案を受けたことで、即決しまったことを後悔している施主さんが、着工してしまい、諦めてしまっているという現状があります。


累計利用者数112万人突破!!
 <<webフォーム申込限定キャンペーン>>から申し込んで頂いた方に、
 『理想に最も近い平屋住宅の計画書を無料でご提案!』@



無料で、比較できる平屋建ての計画書を提案してもらえるので、慎重に検討したいという場合には役立つサービスです。

すでに112万人の利用実績があるので、過去の事例を含め、どんなコスト削減方法があるのか?平屋を建てる上で、必ず確認しておきたいポイントなどについて、事前にアドバイスを受けることができるのは、大きなメリットです。

ワンフロアの利便性&構造の強さ&高気密が、平屋を建てる上での長所ですが、希望の住宅会社を選ぶためには、どんな部分に注意すべきなのか!?など、住宅についての知識を得た上で、最良の選択をすることが可能です!!



⇒【平屋住宅プラン 限定の無料ご提案はコチラから】











 

Q&A地域情報





550万円は高いと思いながら一年間の売電収入は約70万円になるので8年でペイできることになり得だと思い契約しました。(20年保障で42円の売電価格も20年続きます) ところが実際に発電を始めてみると最初の一年間の発電量は月当たりの売電価格でいうと28000円/月でした。、その後やや発電量が上がってきて発電開始から今までの1年半の平均では31000円/月です。 さて皆様に質問ですが事前の発電量見積もりでは59000円/月としながら実際は約半分の31000円です。IW社には2回点検してもらいましたが設備的には「異常なし」とのことでした。これはおかしいと思い太陽光発電設置業者2社を呼んで詳細を説明し意見を聞きました。共通して「詐欺としかいいようがない」「昔はこんな業者もいたが今もいるとは信じられない」とのことでした。JW社は発電量予想も手書きで点検時もチェックリストのようなものはなく口頭で「異常なし」で終わりです。JW社のカスタマーサポートに電話して半分の量しか発電しないのはおかしいのではないかというと「一旦契約したものには対応しない」「元々が1000万円近いものを550万で設置してあげた」「発電記録を送れば検討はするが過去対応したことはない」とのことでした。体調を崩していてようやく発電記録を送って再度話をしようと思いますが前回の会話からJW社側が対応してくれるようには思えません。 消費者センターや警察に相談しても「発電がゼロなら問題だが事前説明の半分とはいえ発電しているのだから違法とは認めにくい」というものでした。私の考えでは例えば100個いりとされるチョコレートを買って開けてみたら50個しか入ってなかったとしたらお金を払った(契約成立した)後であっても文句を言って残りの50個もらうか半額にしてもらうかするのが普通だと思うのですが。。 私はどうしたらいいでしょうか
身内に、管理している空き家を貸す時の相場について 私の母親が叔母(母の姉)の成年後見人をしています。 叔母について ・痴呆症により、養老院に入居しています。 ・結婚しなかったので、子供もいません。 ・一軒家を所有しています(築30年程度、平屋)。 その一軒家がここ数年空き家になっており、もったいないので、 私が家賃を納めて、こっちへ住もうと考えています。 今住んでいるアパートが、今月で契約切れるので、丁度いいと思いまして。 なおこの家は、定期的に掃除しているので、荒れていたりはしません。 ガスが故障している程度の問題はありますが、修理すれば済むことです。 法律上は問題なく、 家賃を(叔母に)納めれば可能だということなので、 母親に相談して、家庭裁判所に家賃1万円で書類を提出してもらったところ、 家賃が安すぎるのでダメだと言われてしまいました。。。 母親が、幾らぐらいが適切か聞こうとしたところ、 裁判所の立場では、金額をアドバイスしたりはできないそうです。 こういう場合の家賃は、何を基準に設定すればいいのでしょうか? 普通に貸すよりは、安い金額に設定してもいいとは思うのですが・・・ ちなみに家賃は、周囲の似た住宅と比較すると、7万円くらいが相場の様です。 さすがに1万円は図々しすぎましたね・・・